タイラバで釣れる魚

東京湾でタイラバで真鯛以外のよく釣れる魚(外道)をランキングでご紹介します!

1位 ホウボウ

ヒレが七色でとても綺麗な魚です。全国的にタイラバの外道で有名です。又、真鯛よりも深い水深で生きる事が出来る強い魚です!
水圧変化にも強く、胃袋が飛び出たり目が飛び出たのは見た事ありません。釣ると胃袋からホーホー?って音を出します。食べても美味しいです。

2位 サバ

2019年5月初旬に久々に相模湾、東京湾に大量の群のサバが入って来ました!
タイラバが着底できない、走るのでお祭り、船内血だらけになっちゃいます。本気でタイラバで真鯛を狙ってる方は嫌になります。
イワシの群れも大量にあるので、今年は青物(キハダマグロ、カツオ)の当たり年の予感?

3位 サバフグ

東京湾には色々なフグの種類が生息しています。
フグは歯がカッターナイフの様にネクタイ、スカートをかじりまくり、うざいですが、交わして釣るのもテクニック?そんな時は移動しちゃいます。
2位にした理由は水温が上がってくるとサバフグばっかりの日もあります。
ネクタイ、スカートが半分になっちゅうし、タイラバのコスパが悪くなります

4位 太刀魚

2018年、2019年の東京湾は太刀魚が無茶苦茶、いますね〜。当たり年?色々な遊漁船がジギングやテンヤ等狙っています。タイラバにも喰ってきますが、鋭い歯でフォール中に軽くなりタイラバロストって事も…

5位 ワラサ

ブリのちっちゃい奴ですが、4kg、5kgのワラサは5kg、6kgの真鯛の引きをします!
真鯛と違う特徴は良く泳ぐイメージです。横走するのでワラサだなって想像でき、船に近づくと又は走るので大鯛とおもいきやワラサって感じ
モジャコ【0.3kg未満】→ワカシ【1kg未満】→イナダ→【3kg未満】ワラサ【8kg未満】→ブリ【8kg以上】

6位 スズキ

東京湾で日本漁獲量が5割近いと言われてます!世界で一番スズキが多い湾と言われてます。釣れたての70cm位のスズキはとても美味しいです!

7位 マハタ

おっきくなると100kgオーバー、カンナギになると言われてます!昔は違うと言われてましたが…成長すると水深がどんどん深くなる様です。自分はおっきいのは8kg位しかありませんが、水深230mで石垣島で釣りましたが、ロマンのある魚ですね!なぜか東京湾では2kgオーバーは殆ど釣れません。

8位 カサゴ

東京湾の代表的ロックフィッシュ!後はメバル、アイナメ、マハタ位かな?個人的には唐揚げが好きです!
専門的に狙えば数釣りが望めますが、辰丸は基本、タイラバ専門でやってます!
東京湾にロックフィシュの超大物のクエ(モロコ)がいてもおかしくないのですがいるんでしょうか?

9位 サワラ

サワラは狙って釣らないとロクな事になりません。タイラバロストがもったいないです!
サワラの小さいのはサゴシと呼ばれています。

10位 マゴチ

夏のシャローを狙って釣るとマゴチがよく釣れます。冬に水深が50m位でもごく稀に釣れます。釣れた後エラにトゲがありそこで切ると血が止まらないので気おつけて下さい。

結論、東京湾の魚はとても美味しいです!その他タイラバではアジも釣れます。順位は7位からはアジを含むと非常に悩みましたがこんな感じにしました!
余談ですが、真鯛を観音崎で釣って持ち帰り頭を落としして出汁をとると脂が浮きます!とても美味しい出汁が採れます。
遠征で大島や新島で釣る真鯛は脂が全然乗っておらず、刺身は東京湾の真鯛に勝てません。しかし同じ位のサイズの真鯛は新島で釣る真鯛の方が引きが断然強いです!荒波に耐え抜いてる感が伝わります!

タイラバで釣れても可哀想な魚

チャリコ

春子鯛とも言われ食用でも使われてます。辰丸では大鯛を目的に釣行をしてる為、一回チャンスをあげて下さい。自然保護又は大きくなってから駆引きが出来るよう願って放流(リリース)しましょう!

希望400g以下リリース

イシナギ

たまに小ちゃなイシナギくんがタイラバで釣れてしまいますが、100kgを超える為に相当な年月がかかる為、リリースして大きくなる事を祈りたい魚です!

希望3kg以下リリース

マハタ

東京湾ではあまり大きなマハタを釣れた事は聞いた事がありません。大きくなって外洋でカンナギになる事を願う魚です!

希望500g以下リリース

クエ

東京湾でもたまにコクエが釣れるという事は大きなクエがいるかもしれません。クエが居たとしても相当少ないと思います。

希望3kg以下リリース

タイラバで釣れて嬉しい魚

タイ以外で、タイラバで釣れてうれしい魚は次の8種です。どれも食べておいしく、高価な魚です。

1位 ブリ

タイラバロッドでPE0.8〜1.0号でドラグ効かせて引きも楽しめるし、10kgオーバーの脂ののった、ブリしゃぶが大好きなので一位にしてみました!東京湾のブリはイワシやコノシロ、アジを食べてるのでとても美味しいですよ。捌いた時、脂がのってないとか虫が入ってると残念になりますが…

2位 マハタ

個人的に食べて一番好きな魚です。東京湾では2kgオーバーはあんまり釣れません。全国的にキジハタがタイラバの第二ターゲットに感じるのですが東京湾でキジハタは釣った事がありません。キジハタも大好きな魚なので残念です。

3位 キジハタ

近年、東京湾でもキジハタが釣れるようになって来ましたが数は関西、四国、九州に比べるとかなり少なくプレミア感がかなりあり、食べても凄く美味しい魚です!
山口県ではキジハタを全国的に有名にしようと頑張っているみたいです!
こちらは江ノ島で釣れたキジハタですが、東京湾にも湾央〜湾口でたまに釣れます!2枚目は東京湾で釣れたキジハタです!
50cmオーバーになるには環境によりますが10年かかると言われてるようです。

4位 サワラ

刺身も好きですが西京焼きが大好きです!
狙ってタックルを変えないと直ぐにラインブレイクしてタイラバをロストしてしまい、イラッとします。歯が怖いです!

5位 アマダイ

可愛い顔して、食べると可愛そうになりますが、めっちゃ美味いっす!皮の下の旨味が最高です。タイラバではあまり釣れませんがたまに釣れる事があります!塩焼き最高です

6位 オオモンハタ

東京湾でも釣れちゃう事があるみたいです!ハタ系ですが浮いてイワシを追い回したりする変わったロックフィシュ!食べてもサイコーだしプレミアム感半端ないです

7位 ヒラメ

時期によるますが、真鯛より釣れちゃたりする日もあります。マゴチとヒラメばっかりなんて贅沢な日もありました。

8位 トラフグ

トラフグは高級魚で有名です!ちゃんとしたお店で調理をして貰いましょう!天然の大きなトラフグは超美味いっす!

タイラバで釣れて嫌な魚ランキング

タイラバで釣れてほしくない魚は以下のとおりです。よく出会ってしまいますが、避けたいですね。

1位 サバフグ

これは皆さんも同じ悩みだと思います!顔は可愛いのに、ネクタイ、スカートをかじりまくり本当にうざいです。

2位 サメ

そんなに釣れませんが、食べれない訳ではありませんが、食べる気もしないし、顔も怖いし、歯も怖い、釣れても針外すのも嫌になります。ランディングネットも破れた事もありますし、せっかく釣った魚を食べられ事も多々あり、好きになれません。

3位 エイ

なんかゴミかな?と思いきや重いけど生命反応がある時は大体エイですね!エイヒレは好きですがエイを食べようと思った事も捌いた事はありません。

4位 エソ

10年前にテンヤをやってた頃はよく釣れた覚えがありますが、最近はそれ程東京湾に居なくなってしまったのかなって思っちゃういます。大きなエソは結講いい引きをするので釣れない時は真鯛と勘違いしてがっかりします。食べても小骨が多くてあまり好きな食べ物ではありません。しかしすり身などにして食べると美味しい魚です。

5位 長靴

魚ではありませんがなぜか長靴が衣類の中で一番釣れる?掛ってしまう事が多い様な気がします。
環境汚染に繋がるので、要らなくなった仕掛けやゴミはちゃんと持ち帰りましょう!

>タイラバ攻略のポイント一覧へ<