東京湾タイラバ攻略のコツとは?

タイラバで釣果を上げる方法の独自理論になります。
なぜタイラバで釣れるのかとても不思議じゃないかと始めは思っておりました。

やり始めると魅力にどんどんハマりまだ未開拓の釣りでどんどん進化し今の所は独自の秘密テクニックもございます!

そんな中、東京湾でのタイラバの攻略について説明したいと思います。

1.東京湾のタイラバの時期と水深

東京湾では年間通して真鯛釣りが期待できます。マダイのノッコミ(スポーニング)になるとコマセマダイ船だらけになり剣崎沖や久里浜沖でマダイが餌付け状態になってしまいます。

メインベイトがオキアミになるとタイラバはかなり不利になります。その時期はオキアミを撒かれてないポイントでプリスポーニングマダイを狙います。

水深は12月から2月(冬)越冬マダイは50mから80m。3月から6月(春)ノッコミマダイは40mをメインに30m〜50mを狙い、7月から9月アフターマダイは15m〜40m、10月から11月秋マダイは30m〜50mを重点的に狙います!

東京湾タイラバ攻略のコツ

2.東京湾のタイラバ船の釣り方

基本はベイトタックルを使用をお勧めしております。リールはハイギアが潮の流れを読む事が出来やすいのでお勧めです。PEラインは0.8〜1.0号、FGノット又はPRノットで結束しリーダー3号〜4号(青物が回っている場合はなるべく太いリーダーを推奨します)、リーダー長さは潮の流れや根掛かりする場合を考えて普通より長めに付け状況で短くする事が釣果も左右されます。

3.タイラバのドテラ流し

タイラバの仕掛け

タイラバのドテラ流しは現在は全国的にポピュラーですがドテラ流しする際は水深が30mより浅い場合はエンジンを切ってドテラでやると釣果が全然違います。実際潜ってみるとよく分かります。

あまりにも潮が早い場合は、パラシュートアンカーで抵抗かけるといいと思います。早い場合の目安は水深の3倍の重さのタイラバヘッドで底が取れない場合、パラシュートアンカーの出番かなと考えております。

プレジャーボートで釣りをする方の参考になれば幸いです。

4.東京湾のマダイの習性とポイント

ポイントはやはりと東京湾内のマダイは久里浜沖の吉の瀬近辺が魚影が濃いと感じますが年間、オキアミを食べまくっている為、遊漁船がマダイをやってない時期を狙うと1発大物が期待できます。

マダイは案外、底に居ると思われますが変幻自在に泳いでいます。例えば水深が100mで釣れた棚が60mって事もあります!

マダイがトップウォータープラグで釣れたって話や深い水深だと200mで釣れたなど神出鬼没な魚です!

だから面白いし釣りがいがある魚だし、しかも美味しい!
また大量に群れをなしている場合はめったになく、色々な場所に小さな群れで餌を狙っているのも変わってます。

通常の魚群だと大きな魚が下に泳いでる場合が多いと言われてますが、マダイは大鯛が群れの上を泳ぐ習性もあるようです。タイラバで大鯛を釣っている人を見ると、棚が高めな気がします。

コマセマダイで水深40mの場合、上からコマセカゴを25mであわせた場合、ハリス10mってのは理論上ですと下から5mになりますが、大鯛は警戒心が強いといいますが、自分的には潮が動いて餌の重さで浮いて指示棚より、上で大鯛が釣れる事もあると考えてます。必ず餌が下から5mって事はありません。

マダイの習性は警戒心が強いと思われがちですが、雑食魚ですしリアクションでタイラバにヒットしてくるので自分的にはそんなに警戒心が強いと思ってません。

実際、室内の海水釣り堀でカワハギ他、約10種類とマダイが入ってる生簀で釣りをしましたがオキアミを付けても瞬間的にカワハギが釣れる場合かカワハギに餌を取られしまいます

その時に餌を付けずに針だけで釣れた魚はマダイしか釣れません。捕食モードになってるマダイは何でも食べちゃうんです!

色々な妄想と勘でマダイを釣ってみてはどうですか?

5.東京湾でのタイラバの色

ベイトフィッシュによりますが、自分の場合、最初はヘッドとスカートとネクタイはある程度色を固定して、水が澄んでる場合は赤からスタートします。

水が澄んでてシフトして行く場合は、ラバースカートに黒を入れるか、ネクタイを黒にチェンジし、水に濁りがある場合はオレンジにシフトチェンジして行きます。

スカート

タイラバは潮が動いてないとなかなか釣れません。水深20mぐらいの浅いところを狙う場合、タイラバヘッドは60gを東京湾では使用してます。

スイミングタイラバで斜めに引いてレンジを長く巻きたい場合は、他の人よりあえて底が取れるギリギリの重さにしたりして他人より長いチャンスゾーンを泳がせて釣果を期待します。

最近はフォール速度を調整しやすいリールを使ってフォールで狙って釣果を上げます。どんな釣りでもフォールはとても重要です

6.タイラバ釣果アップの秘訣

朝からポツポツと真鯛が他の人が釣れてて自分が釣れない、なんでだろ?て場合はカラーを真似したり重さやシルエット、底からどれ位?って聞いてみたり、釣れてる人の巻き速度もある程度真似が出来ます。

あたりが有るが乗らない時にハリを小さくする事とシルエットを細くする事をお勧めします!いい例だとダイワの中井チューンになります。中井チューンはハリが凄く小さくてネクタイのみを2本付けてますがネクタイもかなり細くしハリになるべく刺さらなくなる様考えてあります。ハリが小さくても大鯛は釣れます!

次に自分や他の人が釣れてあまりバラシがない場合、活性がいいと判断して私なら思いきって大きめハリを使います。そして竿に乗ったと思ったら上顎に貫通めがけて合わしちゃいます!
あくまで竿に乗ってからですよ!

結果、巻き速度、渋い時はハリ小さく!ベイトは何を食べてるか?マッチザベイト!釣れてる時はイケイケ!リズムに乗って自分なりのパターンに嵌めて下さい。

7.真鯛の地合いと潮の動き

下げ8分、上げ8分とか昔から良く言われてます!これは間違いなく潮が動く時間でチャンスタイムです!

東京湾は潮が動いてない時に少し移動するといい感じで潮が動いている場合があります。もしマイボートでやる場合は潮が流れてるポイントを狙いましょう!また自分的にはやはり潮が1番動く大潮が1番だと思っています。タイラバでは潮の動きが1番重要だと思ってます。

タイ釣果

8.マッチザベイト

真鯛は雑食なのでベイトフィッシュは釣れた時に吐き出す物に注意すると釣果が上がるポイントです!

もし、イワシを捕食しているマダイであればネクタイは金色がオススメです!気まぐれなマダイは全く全然違ったカラーにも反応しますが、自分で予想し大鯛を釣れて結果をだすのはとても嬉しい事です!

流行りのマッチザベイト!でベイトフィッシュに合わすのもよし経験から自分の自信があるタイラバで釣るのもよしイワシパターンは経験上金色のネクタイがオススメです!
因みに2018年夏はイイダコパターン及びイカパターンに嵌っておりました!

9. タイラバの波動

ヘッドやスカート、ネクタイ、トレーラーに様々なメーカーから波動って単語がでてきます!実際、タイラバでは波動は凄く大切になります!

ある日、3人で並びカラーも重さも同じタイラバを使って、私はS字に動く某メーカーのヘッドで強波動で釣りましたが3時間全くあたりません。となりの友人は着底したらすぐあたり、真鯛をバンバン釣りあげます。私はムキになりあえて波動が強いタイラバでやりましたが全くあたりがありません。しぶしぶ同じ様な波動が殆どないタイラバに切り替えると、驚く程にあたりがありその日は真鯛が沢山釣れました。

カラー、重さも一緒でかなりの釣果の違いが出ます!

貴重な体験をしたので皆様も波動を気にしてタイラバで大鯛を釣って下さい!

10.真鯛の嗅覚と視覚

真鯛は匂いに対し魚の中でもっとも敏感の部類に入ると言われています。

2019年に入りタイラバも匂いで寄せる匂い玉が発売されたり、匂い付きのワームやネクタイも某メーカーから発売され更に進化を遂げてます!

又、視覚もいいと言われてます。100m先の1cmの物が見えていると言う話もネット上に書かれたり一体どんな魚なんだと興味が更に増しました!

私の中ではもしそうだとしても好奇心でリアクションバイトしてしまう魚と思い込んで真鯛を釣っております。

皆様もタイラバライフを一緒に楽しみましょう!

辰丸のタイラバプランがおすすめ

リーズナブルな料金で、上にご紹介したタイラバ釣りが楽しめます。初心者の方にも丁寧にアドバイスいたします。
お気軽にお問い合わせください。
辰丸のタイラバプランへ

>タイラバ攻略のポイント一覧へ<